コンテンツ
昭和34年伊勢湾台風被災証言(志摩市 大口 秀和)
※画像をクリックする事で動画の再生が始まります。
位置情報
メタデータ一覧
タイトル 昭和34年伊勢湾台風被災証言(志摩市 大口 秀和)
概要 夜になって、雨戸が弓なりになり、両親が対応していたのを目の当たりにし、手伝っていた。風が止んだ際に台風の目に入ったということをきき、外を見たが、子供だったので「ああ、こういうことか」ぐらいにしか思わなかった。明け方までバタバタしていたが、いつの間にか寝てしまった。目が覚めると、家には誰もいなく、家の外に出ていくと、普段の景色と変わっており、ありえないところまで水に浸かっていて、その中に足を進めると太ももまで水に浸かった。子供だったので、冒険の続きのような感覚を覚えた。周りに被害はあったが、子供の時分のことであったため、詳しいことよりも、非日常の状況であったことを覚えている
タイトル2 ショウワ34ネンイセワンタイフウヒサイショウゲン(シマシ オオグチ ヒデカズ)
概要2 お名前:大口 秀和
性別:男性
年齢(生年):65歳(2016年2月9日現在)
現住所:志摩市
被災時のお住まい:志摩町
被災時の職業・学校など:和具小学校3年生
説明者
公開レベル 公開
利用制限 デッドコピーの第三者提供不可
コンテンツの種類 動画
日時 2016年 03月 31日
場所
住所 三重県志摩市志摩町
付近の目印 和具小学校
緯度 34.2590237
経度 136.810037
撮影場所
住所 三重県志摩市志摩町
付近の目印 志摩市役所
緯度 34.328461599772
経度 136.82956760781
著作者 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者備考
運営主体 みえ防災・減災センター
出典 みえ防災・減災センター
元ファイル名 2016020902吉岡523.f4v
登録日時 2016年 04月 11日 14時 44分 55秒
登録者 みえ防災・減災センター
最終更新日時 2017年 01月 03日 17時 09分 09秒
最終更新者 みえ防災・減災センター
お問い合わせ番号 01-004-000119
タグ 伊勢湾台風体験談・証言,和具小学校,床上浸水,昭和34年(1959) 伊勢湾台風,志摩郡 志摩町
原本の保管場所