コンテンツ
昭和34年伊勢湾台風被災証言(鈴鹿市 花井 錬太郎)
※画像をクリックする事で動画の再生が始まります。
位置情報
メタデータ一覧
タイトル 昭和34年伊勢湾台風被災証言(鈴鹿市 花井 錬太郎)
概要 鈴鹿から蟹江まで通っていたが、当日は台風のため、同僚3人と会社の寮に宿泊した。水が来るといけないので2階で就寝した。雨戸を閉めていても、かなり風の音がした。朝になって、窓を開けると、工場は完全に水没しており、寮の1階部分も同様だった。翌日には、なんとか工場内に入れるところまで水は引いていた。その後、自衛隊が工場敷地内に拠点を設けて、付近の捜索や救助などの活動していた。
タイトル2 ショウワ34ネンイセワンタイフウヒサイショウゲン(スズカシ ハナイ レンタロウ)
概要2 お名前:花井 錬太郎
性別:男性
年齢(生年):75歳(2016年2月9日現在)
現住所:鈴鹿市
被災時のお住まい:鈴鹿市
被災時の職業・学校など:愛知県名古屋市蟹江町(富士セロファン)に勤務
説明者
公開レベル 公開
利用制限 デッドコピーの第三者提供不可
コンテンツの種類 動画
日時 2016年 03月 31日
場所
住所 愛知県名古屋市蟹江町
付近の目印 富士セロファン
緯度 35.130021492377
経度 136.79437956558
撮影場所
住所 三重県鈴鹿市6丁目
付近の目印
緯度 34.8818796
経度 136.5842092
著作者 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者備考
運営主体 みえ防災・減災センター
出典 みえ防災・減災センター
元ファイル名 20160209吉岡01short.f4v
登録日時 2016年 04月 11日 12時 09分 30秒
登録者 みえ防災・減災センター
最終更新日時 2017年 11月 19日 00時 58分 38秒
最終更新者 みえ防災・減災センター
お問い合わせ番号 01-004-000118
タグ 伊勢湾台風体験談・証言,床上浸水,1階水没,昭和34年(1959) 伊勢湾台風,鈴鹿市
原本の保管場所