コンテンツ
昭和19年東南海地震 体験談(三重郡八郷村 現四日市市広永町 森 逸郎)
※画像をクリックする事で動画の再生が始まります。
位置情報
メタデータ一覧
タイトル 昭和19年東南海地震 体験談(三重郡八郷村 現四日市市広永町 森 逸郎)
概要 森逸郎(当時、5歳)は、自宅の縁側にいるとき、母親に言われて釜戸のところへ行き、足台のうえにいたときに揺れが起きた。慌てて履物もはかず、裏口の方へ行こうとしたが、足が思うように進まなかった。やっと裏口から外へ出ると、浄泉寺が大きく揺れ、傾いて見えた。後で兄と寺へ上がると、寺の裏の墓が全部倒れていた。
タイトル2 ショウワ19ネントウナンカイジシン タイケンダン(ミエグンヤサトムラ ゲンヨッカイチシヒロナガチョウ モリ イツロウ)
概要2 お名前:森 逸郎
性別:男性
年齢(生年):75歳(2015年2月26日現在)
現住所:四日市市羽津
被災時のお住まい:三重郡八郷村(現四日市市広永町)
被災時の職業・学校など:5歳
説明者
公開レベル 公開
利用制限 デッドコピーの第三者提供不可
コンテンツの種類 動画
日時 2015年 02月 26日
場所
住所 三重県四日市市広永町(三重郡八郷村)
付近の目印
緯度 35.029961
経度 136.638964
撮影場所
住所 三重県四日市市羽津
付近の目印
緯度 35.0034076
経度 136.6265416
著作者 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者 三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
提供者備考
運営主体 みえ防災・減災センター
出典 みえ防災・減災センター
元ファイル名 20150226水木03202.f4v
登録日時 2015年 04月 03日 14時 27分 50秒
登録者 みえ防災・減災センター
最終更新日時 2017年 01月 03日 17時 32分 51秒
最終更新者 みえ防災・減災センター
お問い合わせ番号 01-004-000058
タグ 昭和東南海地震体験談・証言(映像),四日市市,昭和19年(1944) 東南海地震
原本の保管場所